ご依頼いただいた事例【2】

ご依頼いただいた事例【2】

ご依頼いただいた事例をご紹介いたします。匿名でのご説明となります。ご了承ください。

ご依頼いただいた事例 概要

ご依頼いただいた事例 概要

業種
地域
ご依頼の種類
許可種類
法人・個人
大工工事業
内装仕上げ工事業
広島県広島市南区
新規取得
広島県知事
一般建設業許可
個人事業からの法人成り
=合同会社

 

ご依頼内容の特徴、進行の経緯、乗り越えた壁など

ご依頼内容の特徴、進行の経緯、乗り越えた壁など

この会社さまは、昔、ご自身で申請しようとされていましたが、その難しさから断念されたご経験をお持ちの方です。

このたび、「やっぱり、取ろう!」と決心され、当社へ相談いただきました。

相談いただいた時点では個人事業主。

まずは取得できるかどうか、再検討です。

無料相談で、許可を取得できるかどうかの無料診断をさせていただきました。

結果、許可取得の可能性は90%。
100%でないのは、証明書類が揃うかどうか、という要素からです。

建設業許可の新規申請を依頼いただきました。

そして、近い将来的に、法人化を考えておられました。

建設業許可は、個人事業から法人への許可引き継ぎが難しいものとなります。いくつものハードルがあります。

許可引き継ぎの説明を申し上げ、法人化のメリット、デメリット、費用、期間の説明をさせていただきました。

結果、個人事業から合同会社への法人化、そして、建設業許可の新規申請を依頼いただきました。

建設業許可のために必要な「経営管理責任者」は社長。

「専任技術者」は役員のお一人が就くことになりました。

専任技術者となる役員さまは、建設業法で認められる資格をお持ちでしたので、資格を使い、申請となります。

証明書類の収集とまとめ、申請書類の作成に入ります。

問題は、経営管理責任者。

個人事業で7年ちょっと。

これから合同会社になります。

許可上は、経営経験は満たしているのですが、証明書類がなかなか揃いません。

何度も打ち合わせをし、当社内でも検討したうえで、なんとか証明書類が揃いました。

満を持して申請。

無事受理されました。

申請からしばらくして、広島県庁から連絡があり、いくつかの折衝、疑問点解消を経て、申請から約45日後、無事、許可。

許可が出て、早速、取引先に挨拶へゆかれたようです。

大工工事業、内装仕上げ工事業の建設業許可番号を、名刺にも明記。

営業力もあり、安定した受注を実現しておられます。

許可後、この会社さまからは、毎年必要になる建設業決算変更届もお任せいただきました。

毎年、お手伝いすることになります。誠心誠意、サポートしてゆきたいと思います。

↑↑ 守秘義務の関係上、固有名が書けませんので、わかりにくい点があったかもしれません。ご了承ください。

ページトップへ