ご依頼いただいた事例【3】

ご依頼いただいた事例【3】

ご依頼いただいた事例をご紹介いたします。匿名でのご説明となります。ご了承ください。

ご依頼いただいた事例 概要

ご依頼いただいた事例 概要

業種
地域
ご依頼の種類
許可種類
法人・個人
とび・土工工事業
広島県廿日市市
新規取得
広島県知事
一般建設業許可
個人事業→→株式会社

 

ご依頼内容の特徴、進行の経緯、乗り越えた壁など

ご依頼内容の特徴、進行の経緯、乗り越えた壁など

ご夫婦で営んでいる建設会社さま。従業員 2名です。

建設業の先行きが不透明とお考えになっており、建設業許可を取得し、受注しやすい環境を作りたい、ということで、相談にお越しになりました。

ご相談時点では、個人事業でした。

とび・土工工事の事業主として丸5年。

資格は、2級土木施工管理技士(土木)をお持ちでした。

まず、無料相談で、許可を取得できるかどうかの無料診断をさせていただきました。

いろいろとお話を伺ったのち、許可取得が可能と判断いたしました。

2級土木施工管理技士(土木)をお持ちですので、複数の業種について許可が取得可能です。

ただそのためには、建設業について経営した経験が「6年以上」必要となります。

このご夫婦は、残念ながら、「経営管理責任者としての6年の経験」がありませんでした。

個人事業主として丸5年ですので、あとすこし!ですね。

許可取得時については、まずは1業種。とび・土工工事業の許可を取得することになりました。

1年~2年後、ご希望に応じて、業種追加が可能となります。

数年内に法人化を考えておられました。

建設業許可は、個人事業から法人への許可番号の引き継ぎが難しい面があります。いくつもハードルがあり、乗り越えて初めて引き継ぎができます。

個人事業で取得して、数年後に法人化したとき、改めて、新規に許可申請しなければなりません。

いろいろとお話する中で、法人化のメリットとデメリットを説明させていただきました。

今回の許可申請は、まず法人化してから、行うことになりました。

会社設立代行+建設業許可の新規申請を依頼いただきました。

株式会社と合同会社の違い、メリット、デメリットについて説明し、1週間ほど十分な検討をされた結果、株式会社で法人化ということになりました。

当社にて、経営管理責任者の証明書類について検討し、「これだ」というものを例示。

ご夫婦で収集いただきました。

専任技術者として、2級土木施工管理技士の資格をお持ちですので、資格証の原本をお預かり。

残高証明書は、無事、取得できました。

満を持して、申請。

申請後は、官公庁との間の折衝が何度かあり、官公庁側の疑問点、要請点をクリアにしながら進めました。

申請から約45日後、無事、許可となりました。

許可が出たとき、ご夫婦、従業員の皆さんは、安心なさったようです。

許可なしの状態がご不安だったのですね。

どこかしらお顔が元気になられたように、お見受けしました。

当社としても嬉しいです。

今後、業種追加に向けて、サポートさせていただくことになりました。

↑↑ 守秘義務の関係上、固有名が書けませんので、わかりにくい点があったかもしれません。ご了承ください。

ページトップへ